user's voice
- みんなの声を集めました! -

懐かしのアニメが、子供たちに教えてくれることとは?の画像が表示されています。

懐かしのアニメが、子供たちに教えてくれることとは?

もう数十年前のことですから、話の筋などはほとんど覚えていないのですが、『ロッキーチャック』や『ラスカル』、『フランダースの犬』、『みなしごハッチ』、『母をたずねて三千里』などのアニメに夢中になった時代がありました。当時のアニメは、今のアニメと比べると派手さはなかったかもしれません。

そういったアニメを言葉で表現するとしたらー。
大人として成長していく過程で、必ず経験していかなければいけない辛いこと・・・それは大事な人の死であったり、仲間達の裏切りであったり。そういう"自分一人の力ではどうにもならないようなこと"が世の中にはたくさんあるのだ、ということを心に刻んでくれた作品。・・・そういう表現が合う気がします。

多様な作品の中から、語り継がれる良質なアニメを

もちろん、今のアニメにそういう要素が全くないというわけではありません。
たとえば『ワンピース』などは、そういう"命や友の大切さ"というテーマが強く出ている作品なのかなと思います。

ただ、今のアニメ全般を見渡してみると、中には非現実的な世界観が強く出ているものも少なくないような気がします。なぜそんなことを感じるのでしょうか?

そこには、「アニメで育った今の大人にも見てもらいたい」というコンセプトがあるからではないかと。アニメの世界観も、どんどん新しいものを見せていかなければいけない。話の展開もひねらなければいけない。映像の作り込みにもかなり力を入れていかなければいけない・・・、そんな時代の流れが生じたからではないでしょうか?

さらには、ゲームやグッズ、DVDにブルーレイ、話題の声優やアニソン歌手なども含めた"販売"が前提で製作されているものが多くなってきましたよね。

むろん、今も昔も時代を問わず、"人間にとって大切なことってなんだろう?"、"生きていくってどういうことなんだろう?"・・・そんなことを自然と考えさせてくれるような作品は、きっと充分良質なアニメと呼べるでしょうし、これからも語り継がれていくアニメとなるのではないでしょうか。