user's voice
- みんなの声を集めました! -

親子で見るならコレ!人と妖の心の交流譚『夏目友人帳』の画像が表示されています。

親子で見るならコレ!
人と妖の心の交流譚『夏目友人帳』

「妖怪」と聞くと、“おどろおどろしい、人とは相容れないもの”とイメージされがちですが、この『夏目友人帳』は、それら他とは一線を画す作品です。

この作品が描いているのは、人と妖(妖怪)のこころの交流。つながりの物語なのです。

物語のカギとなるのは、遺品のノート・・・。

祖母が残した、妖の名前が記された手帳“友人帳”。それらをめぐって巻き起こる、主人公・夏目と妖、そして夏目を取り巻く人々が巻き起こす騒動。その悲喜劇を、少女マンガらしいタッチと繊細な心理描写で描いていく本作品はどこか懐かしく、やさしくてあたたかい世界を、見るものに体感させてくれます。

同じ時間を生きられない人間と妖怪。

出会いと別れを繰り返しながら成長していく、夏目を通して、子供たちは、誰かと繋がることの大切さを学んでくれると思います。