user's voice
- みんなの声を集めました! -

冒険・努力・友情。子供の成長に刺激をくれる『ドラゴンボール』シリーズの画像が表示されています。

冒険・努力・友情。子供の成長に刺激をくれる『ドラゴンボール』シリーズ

『ドラゴンボール』は、主人公「孫悟空(そんごくう)」が、ドラゴンボールという、“7個集めるとどんな願いでも叶う秘宝の玉”を探して、仲間と出会い、敵と戦う中で、孫悟空が少年から大人へと成長していく物語です。

親も子もタイムリーで楽しめる!「冒険」「努力」「バトル」「友情」などを描いた長編漫画

放送開始は、1986年。現在、2015年ですので、放送開始から29年が経ちます。そんな古い作品であるにも関わらず、いまだ根強い人気で、アニメ放送も継続してきました。

現在は、新シリーズ「ドラゴンボール超(SUPER)」が、放送中です。子供にオススメなのは、孫悟空が子供の頃の物語ではないかと思います。子供と年齢が、近いということで、親しみやすく、観れると思います。純粋な物語として楽しめるのも、この頃の物語です。冒険していることがシリーズの中で、1番感じられますし、ドキドキワクワクも1番だと思います。

物心つく頃に追いかけていた夢のアニメが、親になった今、子供といっしょに。

ドラゴンボールは、「人生について体系的に分かりやすく表現している物語」ではないでしょうか。子供の成長をより良くしてくれるように感じます。観ていると、なんだか修行をしたくなってくるのも自分だけではないのでは?

人生において、いろいろな修行があると思いますが、子供はドラゴンボールを観て、「人生を強くたくましく」生きて欲しいなと思います。
強くなることの大事さを、ドラゴンボールから学べるのではないかと思って、一緒に観ています。